院外活動レポート

HOME > 院外活動レポート > 広島県立皆実高等学校女子柔道部トレーナー活動

スタッフBLOG

広島県立皆実高等学校女子柔道部トレーナー活動

理学療法士の貞光です。

昨年6月から縁あって皆実高校女子柔道部のトレーナー活動を始めました。

私も20数年前、皆実高校の柔道部に所属しており昨年6月に久しぶりに母校を訪れた際は非常に懐かしく当時の記憶が蘇りました。OBとしてはここ10数年広島県の強豪校としての活躍は大変嬉しく思いますし、今回、縁があり柔道部に関わらせて頂く機会を頂き感謝しています。

部員は現在2年生3名、1年生5名で全員が体育科に所属しており、直近の第40回全国高等学校柔道大会広島県予選では団体戦では惜しくも2位で全国大会の切符は手にすることはできませんでしたが、個人戦では48kg、52kg、57kg級では見事に優勝し本大会出場を果たしました。

活動は週1回・木曜日に道場内で一時間程時間を頂き、選手のコンディションチェックおよびコンディショニング(ストレッチングやトレーニング)を行なっています。

大森整形外科に入職して18年間、院外活動はほぼバレーボールのトレーナーで、競技特性が違い戸惑う部分もありますが、20数年前の競技経験と理学療法士になってからの経験から試行錯誤ではありますがしっかりサポートしていきたいと思います。

理学療法士 貞光 大助

インデックスへ戻る

メールフォーム